ミロ の ヴィーナス。 ミロのヴィーナスとは

ヴィーナス ミロ の

さらに1964年、愛すべき像は日本にもやってきた。

1
ヴィーナス ミロ の

ギリシア人のある農夫が掘り出した2個の石に興味を抱いた若いフランス人オリヴィエ・ヴーティエが、 さらに他の断片を農夫に探して貰ったところ合計6個の断片が発掘された。 像はけっこう大きいですし どこか目立つ場所に置いてあった… というか 放置されて いたんじゃないかなあ…と想像します。 そこでその隙間を埋めるため(?)と好奇心と 屁理屈を満足させるためにも 無駄な妄想が暴走を始めるんです…。

3
ヴィーナス ミロ の

これは エジプトの影響があり、 エジプトは未来永劫、永遠を是として硬い石に造形をしたのに影響を受けたからです。 異教の神である証拠となる部分を切り落としローマ由来の神の像として存続させようと図ったのだという説もある。 もしかるすと 初めから無かったのでは…? ヴィーナス像の右腕は 初めから無かった? 素晴らしく写実的な彫像で 非常に完成度が 高いと思われますので この考えは私の中で 何度も浮かんでは消え 消えては浮かぶを 繰り返してきました。

ヴィーナス ミロ の

逃げ口上のようですが、今回の記事はあくまで一例であって「『ミロのヴィーナス』は『言い換え』の単元として扱え」という趣旨では全くありません。

19
ヴィーナス ミロ の

だって、せっかく好意的にギリシャ神話について話してくれているのに、 「違いますよ!」 って否定するの、悪いなあ〜と思っちゃうんですもの。 ・もしかして、一人じゃなくて、いっぱい居た中の、ひとりなのかな? ルイ18世はこれをに寄付し、現在でもそこで管理されている。 さて、それは何によってなのか。

16
ヴィーナス ミロ の

欠けている方が美しい。 こうした現状が、「課題」として新学習指導要領に載るに至ったことは、極めて恥ずべきことだと言わざるを得ません。

13
ヴィーナス ミロ の

そしてまたルーブルへ。 柱に寄りかかる姿勢、アレスの型に肘を付いている様子、または多様な象徴物を持っている様などがその例である。 しかし、この手の教材依存型授業の実践者は、自分が行っている授業で当然想定できるはずの欠点や課題について無自覚であることが殆どです(おそらくその教員自身も、自分が生徒だったときに同じような授業を受けてきたことが原因だと思われます。