ドクター サーチ。 主な病気について「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」 ドクターサーチ.com

サーチ ドクター

胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、精神的・肉体的ストレスが増悪因子ですから、心身共に安静を保つことが一番大切です。

17
サーチ ドクター

こうして起こる胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍は全て消化性潰瘍と呼ばれています。 なかでも力を入れているのが「苦痛のない内視鏡検査」で、鎮痛・鎮静剤や、お腹の張りや違和感を伴う空気の代わりに炭酸ガスを使用し、検査時と検査後の苦痛を大幅に軽減。 大腸内視鏡検査時に内痔核を発見した場合、大腸内視鏡の麻酔の効いているうちに、ALTA療法をおこなうことも可能です。

3
サーチ ドクター

従来の大腸内視鏡検査では空気を使用していたため、検査後にお腹の張りや痛み、違和感をともなうことが少なくありませんでしたが、空気の代わりに炭酸ガスを使用することで、それらを解消することが可能となりました。 これは、メスで内痔核を切ることなく、ALTA薬剤を内痔核に注射し、固めて小さくして脱出と出血を改善する治療法のことです。 胃液の主成分は強い塩酸で、蛋白質を消化したり、食物の殺菌をしたりします。

サーチ ドクター

また、同じく2016年に改装した19床の入院施設も備えており、みなさまにより快適にお過ごしいただける空間での検査・治療をおこなっています。

16
サーチ ドクター

中には、利用者を混乱させるものも見受けられます。 潰瘍部からの出血がある時は当然絶食で、点滴が必要です。

1
サーチ ドクター

高齢者のみならず、幼い子を持つ親、急な病気の際に、あるいは別の医師の判断を聞きたい時などに、私たちは間違いの無い医療施設選びをして頂きたいと考えたからです。 検査時は個室をご用意していますので、終始リラックスして検査を受けていただけるようになっています。 特殊診療・設備の特徴 ・胃大腸カメラ検査 「苦しい内視鏡検査はおこなわない」をポリシーに、一人ひとりにあった量の鎮痛鎮静剤の使用や、「炭酸ガス送気装置」を導入した検査をおこなっています。

12
サーチ ドクター

消化器外科専門医として豊富な経験を持つ院長・副院長のもと、年間およそ2300例を実施している「胃大腸カメラ検査」、切らずに痔を治す「ALTA療法(痔核硬化療法)」、肝機能の改善やアンチエイジングに効果が期待される「プラセンタ注射」、個室利用・一泊二日の人間ドッグなどを特徴とした当院では、安全第一をモットーに、胃腸や痔に関する病をはじめ、体調不良、風邪などの診察や治療、検査をおこなっています。 人間ドッグでは、一回の採血で、ガンのリスクと4年以内に糖尿病になる可能性を調べることができる検査「アミノインデックス」(検査料 25,000円)も追加可能です。