チェット ベイカー。 チェット・ベイカーってどんな人?おすすめアルバムや人気映画など現役ジャズトランペット奏者が解説

ベイカー チェット

- "Autumn Leaves" , , - 7:07• この頃には麻薬がチェットの人生に大きく影響するようになっていた。 チェットの特別な立ち位置をわかりやすく説明するために、比較例を出してみましょう。

13
ベイカー チェット

チェットにとって音楽への導き手であると同時に、必ずしも好ましい相手ではなかった父親が、チェットの歌に対して、「お前は子供のころから女の子のような声で歌っていたな」となじっているのですね。

13
ベイカー チェット

1950年代前半に一世を風靡するが、50年代後半には麻薬中毒で体調を崩し、60年代にはイタリアで麻薬絡みで逮捕されるわ、挙句の果てには1966年にはサン・フランシスコでドラッグがらみの騒動で前歯を折られてしまうわで、ついには休業を余儀なくされる(この辺の細かい話にはいろんな説があって詳細な真相ははっきりしていないらしい)。

19
ベイカー チェット

トランペットのアドリブやボーカルが冴えわたる収録曲の数々は、もはや名人芸の域に達していると賞賛されています。

5
ベイカー チェット

もしかすると、チェットにはプロとして強面の黒人ジャズマンたちと伍していこうという強力な意志が欠けていたのかもしれませんね。 確かに彼の人生における経験の中には悲惨な出来事もあったが、チェットはジェームズ・ディーンと違い、若くして亡くなったわけではない。 Cool Cat 1986年• 当時のジャズ・ミュージシャンとしての生活は危険も伴う。

4
ベイカー チェット

リリースは1989年ですが、50年代のチェット・ベイカーとアート・ペッパーの共演をまとめたものです。 生後まもなくオクラホマシティに移り10歳まで過ごし、11歳になった年に一家でロサンゼルス郊外グレンディールに移住する。 もしかすると、この比較はチェットが若い頃に示していた自身の可能性をフルに実現できなかったという誤った認識から生じているのかもしれない。

20
ベイカー チェット

それまでにも薬物事件を多数起こしていたチェット・ベイカーは、妻が3人目の子供を妊娠している最中に、薬物絡みの暴行事件に見舞われます。

8