ウーバー イーツ 自転車 レンタル。 Uber Eatsの配達の仕事、自転車と原付どっちが稼げる?メリットが多い?

レンタル ウーバー イーツ 自転車

最強です。 長期間使うなら、自転車本体を買った方が安い ということが挙げられます。 Uber Eats配達記録:12月13日 オンライン時間6時間56分。

13
レンタル ウーバー イーツ 自転車

Uber Eatsでは配達パートナー登録時にドコモのバイクシェアサービス(通称:赤チャリ)を使うことをオプションで提案してくれます。 なので、ロードバイクの維持費は月3000円くらいですね。 保険に関しても自賠責はもちろん、任意保険である対人・対物もレンタルの月額料金に入っています。

レンタル ウーバー イーツ 自転車

そもそもロードバイクで配達をしないことで配達中の盗難リスクは0になります。 配達エリア内に住んでいる• 充電0なんてことも珍しくありません。

レンタル ウーバー イーツ 自転車

また、自転車はバイクや自動車と違って免許が不要ですので、運転免許を持っていない大学生などが活用していることが多いです。 ウーバーイーツが用意しているこの保険制度は、 「配達中」のみが対象であり、配達をしていない間(配達リクエストを待っている間や、配達前や後の移動中など)は対象とならないのです。

15
レンタル ウーバー イーツ 自転車

自転車ポートにはたくさんの自転車が用意されていますが、人気エリアとなると充電満タンの自転車が1台もないことも。 そう考えると、やはりアシストの付いている電動自転車は大きな助けとなります。 帝都産業(バイクレンタルの場合) バイクレンタルについては、ウーバーと提携しているのは帝都産業のみ。

レンタル ウーバー イーツ 自転車

配達回数インセンティブ(クエスト)で+2,500円。

11