針山 作り方。 簡単!ピンクッション針山の作り方!100均保存瓶で手作り

作り方 針山

ミシンがけの際に折れ曲がってしまって使えなくなってしまった針の一時保管的なものと、リボン刺繍用の張りを刺しているものです。

18
作り方 針山

写真のようにヒダを作りながら内側に織り込んでいくと綺麗に収まります。 あとは、緑茶のだしガラでもいいと聞いた事があります。

作り方 針山

円形にグシグシ縫って 蓋を入れる。 ウール(羊毛)• 縫い代を5㎜とり、なみ縫いでぐるりと1周縫う。

8
作り方 針山

簡単に自分だけのオリジナルアームピンクッション(針山)が作れますので作り方を紹介します。 【2】裁断した生地の外側5mmのところを全周波縫いする。

5
作り方 針山

また、ピンクッションの中身ですが、今回は綿を使いましたが針のサビ防止のためには羊毛など油分を含んだ素材が良いみたいですよ。 土台生地をグシ縫いして 綿を入れる(コーヒー豆や髪の毛・羊毛でも OK)• ネジの部分にセットして瓶(ビン)に付けて出来上がり! 保存瓶ピンクッションを作った感想 ものすごく簡単にできました。 針山にする生地は、もっとポップで綺麗な明るい色が良いかな。

8
作り方 針山

自分好みのお裁縫道具に囲まれているととっても気分がいいです、ますます色々なものを作りたくなりますね。

作り方 針山

針山用の布を縫い代5㎜のところをぐるっと1周なみ縫いしてから針をつけたままギュッと絞ってドーム型にする。 ボトルキャップのピンクッションは、針も貫通せず指輪型にもできるので、意外と高機能です。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。

作り方 針山

色々と使えるためぜひ作ってみてはいかがでしょうか。 5つの花びらをバランスよく並べてみる。

3