縁壱 強すぎ。 【鬼滅の刃 174話感想】縁壱爺さんがくっそカッコイイ!!やっぱ強いジジイは良いよな!

強すぎ 縁壱

継国縁壱は生まれてから死ぬまで最強 続いては「過去と生い立ち」を考察。

強すぎ 縁壱

その際、二本腕では縁壱の強さを再現することができずに六本腕になっている。 縁は間違いなくだけど、まさかそのの縁でも成し遂げられなかったことを、縁自身が期待した後の世代の達がを合わせて達成したってのは縁の考えが正しかったことを徴してるかと。 うたは黒曜石のような瞳を持ち、継国縁壱と同じ年頃の少女。

10
強すぎ 縁壱

これが縁壱にも、使えたのではないでしょうか。 縁壱に少しでも近づこうとした黒死牟は、不老不死と言われる鬼になることを選択。

16
強すぎ 縁壱

そこで兄・厳勝は鬼に成り下がってでもいいから、弟・継国縁壱に勝とうとした。 それに加えて、剣才もずば抜けていたようで、縁壱が7歳の時には竹刀の持ち方を教わってすぐの状態で父の門下生を気絶させたとか…。

1
強すぎ 縁壱

この世界に生まれ落ちることができただけで幸福だと思う。 (鬼滅の刃192話 吾峠呼世晴/集英社) 継国縁壱とはかつて 400年前に存在した「日の呼吸」の開祖。

10
強すぎ 縁壱

全集中 は黒刀。 うたは糸の切れた凧のようだった縁壱の手をしっかりと繋いでくれた人で、 縁壱はうたと手を繋いで歩く田畑への道がとても幸せだったという。 379• 結論から書くと、冒頭でも触れましたがめちゃんこ強い。

17
強すぎ 縁壱

他の隊士との関係も良好であったようで、鬼殺隊を追放された後も一部の柱とは秘密裏に連絡を取り合っていたようだ。

6
強すぎ 縁壱

一方、柱(はしら)のメンバーはそれ以前から存在し、「炎」「風」「水」「雷」「岩」という剣術の型を使っていたそう。 一方、継国縁壱が「剣士としての本気」を見せた時に生まれた名言もある。

強すぎ 縁壱

弟への感情が憎悪だけではなく、双子の兄弟としての愛しさもあったのではないかと思いたいですね。 それが弟なら尚更に嫉妬心が掻き立てられるでしょうから、 黒死牟の鬼になった選択は、ある意味で かなり人間臭い行動にも見えますよね。