審査に必要な書類って?

まずは本人確認書類を用意する

カードローンの申し込みにあたっては、本人確認書類が必ず必要になります。最も好ましいのは運転免許証かパスポートのいずれかです。公的な機関が発行し住所や年齢が記載され、本人確認で一番重要な写真もついているため、一番好ましいとされています。パスポートの場合、後表紙の所持人記入欄に住所、電話番号を書く必要があります。任意記入欄となっていますが、カードローン審査の場合は記入が必須です。上記2点のどちらもない場合は、保険証が利用できます。国保やけんぽなどその種類は問いません。但し、保険証には写真が無いので公共料金(電気やガス、水道など)の領収書などの書類を追加して提出を求められることがあります。この点は会社によっても違ってくるので予め確認しておきましょう。

場合によっては収入証明書も必要

収入証明書とは、本人の収入を証明する書類です。給与明細や源泉徴収票などが該当します。これらの書類は、原則50万円を超える借り入れをする場合に必須となります。高額な融資は貸し手もリスクが高く、慎重に返済能力を審査する必要があるため、これらの書類が必要となるのです。貸金業法という法律による決まりなので例外はありません。50万以下の借り入れであれば、原則として収入証明書は不要ですが、審査の状況によっては提示を求められるケースもあるので予め用意しておいたほうが無難です。収入証明書が用意できなかったために借り入れ金額が少なくなったり、借り入れそのものを断られるケースも無いとは言えません。最終的には審査担当者の判断次第です。