審査後は銀行に来店して契約?

契約はネットでもできる

銀行のカードローンへの申し込みはインターネットや電話でも可能です。では、申し込み後の審査で借り入れが可能となった場合、正式な契約を結ぶために銀行へ行く必要はあるのでしょうか。実はわざわざ銀行の窓口まで行く必要はありません。もし、ネットで申し込んだ場合、審査に通過したらその時点で契約が結ばれます。2018年から銀行のカードローンは即日融資ができないようになりましたので、審査に通ったからといってすぐにお金を借りられることにはなりませんが、翌営業日には指定した銀行口座に振り込んでもらえるでしょう。契約書は審査に通った後、銀行から書留などで送られてきます。一緒にキャッシングするためのカードが送られてくることもあります。

窓口で申し込んだから審査に通りやすいということはない

銀行に直接行かずに必要書類を送付する場合はどうしたら良いのでしょうか。カードローンの審査では身分証明書の他に収入を証明する書類などが求められることがありますが、これらはファックスかメールを使って送ることになります。書類を手渡しする必要がないというのも、銀行のカードローンの契約で来店が不要である理由の一つと言えるでしょう。もちろん、銀行に直接赴いて申し込みすることも可能ですが、メリットはほとんどありません。窓口で直接行員と話すことで人間性などをアピールできるため、審査に通りやすくなるという話をまことしやかに唱える人も少なくないですが、審査については窓口から申し込んだ場合でもネットから申し込んだ場合でも変わりません。