水田 リノベーション 事業。 新市場開拓に向けた水田リノベーション事業について(要望調査)

事業 水田 リノベーション

それは他でもない日本一のコメ産地新潟県である。 水田麦・大豆産地生産性向上事業• 新型コロナウイルス感染拡大の影響で主食用米の需要が減少。 詳細については下記をご覧ください。

17
事業 水田 リノベーション

各都道府県のほか、県中央会、全農県本部にも参加してもらい、オンラインでしたが数百人規模の会議になりました。

事業 水田 リノベーション

果たしてその価格で買ってくれる実需者がいるのか? と言う点で、最も加工用米の使用量が多い清酒業界はコロナ禍で国内外とも販売量が落ち込み、2年産米の消化にも苦しんでいる状況で3年産加工用米の購入契約量を上乗せ出来るところはほとんどない。

4
事業 水田 リノベーション

試算では加工用米の販売価格は1俵8636円になっている。 県では加工用米を生産した場合の10a当たりの収入試算を作成しており、それによると主食用でコシヒカリを作付した場合、10a当たり13万9000円だが、加工用米は助成金と合せると15万7000円になると試算している。

事業 水田 リノベーション

当省は、年末と年明けに2回、全国会議を開きました。 また、食品製造事業などに向け、輸出に必要な機械・施設の整備や切り替えのために必要な費用の2分の1以内を支援。

2
事業 水田 リノベーション

一方、対策については当初予算や補正予算で確保することになりますので、関連対策のスキームや見直しの方針を示すことができたのは12月になってからで、さらに具体的な交付単価や要件を示すことができたのは12月の中下旬になりました。 実需との連携を支援 --補正予算で措置された水田リノベーション事業について事業の概要や要件などはどういうものでしょうか。

11
事業 水田 リノベーション

生産の目安については、全県で設定さているわけではありませんし、それぞれの目安の考え方に違いがあります。 水田活用直接支払交付金よりも実需との結び付きや低コスト生産といった技術対策をやっていただく、その分、単価は10a当たり4万円と水田活用直接支払交付金よりも高く設定しました。

1
事業 水田 リノベーション

要望調査の締切については各都道府県窓口にご相談ください。

4
事業 水田 リノベーション

こうした取り組みへの掛かり増し経費を支援する単価として設定した。 要するに米菓メーカーは、農水省の回答にある「後年に渡って」この事業が存続するとは信じていないのである。

1