木曽 の 最期 現代 語 訳。 平家物語『木曾の最期』(1)現代語訳(巴との別れ)

語 訳 現代 木曽 の 最期

」と言って、 射残したる八筋 やすぢの矢を、差しつめ引きつめ、さんざんに射る。

8
語 訳 現代 木曽 の 最期

[防ぎ矢つかまつらん] 防ぎ矢をいたしましょう。

15
語 訳 現代 木曽 の 最期

その五騎の中に(、義仲の愛人の)巴御前も、まだ討ち取られず生き残っていた。 それは御味方に軍勢がございませんので、気おくれしてそのように思いなさるのです。

語 訳 現代 木曽 の 最期

20
語 訳 現代 木曽 の 最期

ウ 今井は最後に関東の武士達に呼びかけてから自害した。

語 訳 現代 木曽 の 最期

木曽殿はたったの一騎で、粟津の松原へ馬を走らせなさるが、一月二十一日の、夕暮れ時のことであるうえに、(田の表面に)薄氷が張っていた。 「をめ い」は「をめ き」がイ音便化している。

19
語 訳 現代 木曽 の 最期

だれそれの家来が討ち申し上げた。

5