青 は 藍 より 出 で て 藍 より 青 し。 青は藍より出でて藍より青し(なんじゃこいつ)

藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

干越夷貉之子、生而同声、 長而異俗、教使之然也。 藍より青しの語源 「藍より青し」は、紀元前3世紀ごろの中国の思想家、荀子(じゅんし の著作「勧学(かんがく)」に記載された「君子曰 学不可以已 青取之於藍 而青於藍」を語源とすることわざです。 青は藍から取り出すが藍よりも青い。

4
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

『荀子』の著者は「荀子」 『荀子』は、「荀子」という学者が書いたものです。 解説 [ ] 「青は藍より出でて藍よりも青し」は「 出藍 しゅつらん の誉れ」とも言う。 でも着続けると時がたつにつれ色がなじみ、藍はより青く鮮やかになっていく。

18
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

【原文】 君子曰、 「学不可以已。 青い色は藍という草から取ってできたものだが、それはそのもとである藍よりもさらに青い。

10
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

氷は水より出でて水よりも寒し• 「神 かみトス 」は"尊ぶ、重んじる、畏敬する"。

5
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

青と藍 (あい)の句が用いられて、氷と水の句はあまり用いられない。 弟子が、師の学識や技量を越えること。 でも実際は、決してそうではありません。

17
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

- アイsynonym(2011年11月4日閲覧)• 2011年8月30日 ハノイの街中では、日本語表記のための漢字は、「日本大使館」、「天馬株式会社」と書かれた看板のほか、日本人向けの案内・パンフレット・メニュー・注意書きの文章などに見られる程度で、日 […]• 氷は水からできるが、水よりも冷たい』と。

藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

【出典】 『荀子』 【注意】 - 【類義】 氷は水より出でて水より寒し/ 【対義】 - 【英語】 The scholar may waur the master. 爾の位を靖共し、是の正直を好み、 之を神とし之を聴き、爾の景福を介いにせよ。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 厳密にいえば「鳶が鷹を生む」は「凡人が天才を生む」という意味合いが強く、「凡人の親から生まれても教育や努力によって鷹に成長することもある」という意味はありません。

1
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

詩に曰はく、 「嗟、爾君子よ、恒に安息すること無かれ。

11
藍 より 出 より て 青 は 青 藍 し で

いずれ出藍の誉れとなれるよう、努力を尽くしてゆきたい まとめ 「青は藍より出でて藍より青し」とは、青い色は藍という草から取ってできたものだが、それはそのもとである藍よりもさらに青い、という意味で、門人が師よりも一歩進んだ修養ができていることをたとえた言葉です。

15