ナルト 歴代 火影。 NARUTO×MBTIタイプ分類 歴代火影編

火影 ナルト 歴代

悲しみを乗り越え、ヒルゼンの意思を引き継いでの就任ですから彼女の心にも思う所があったでしょう。

火影 ナルト 歴代

第一部では中忍選抜第一試験の審判を務め、受験生の覚悟を確かめて「次があるさ、などという覚悟の薄い愚図に中忍の資格はない」と断ずる一方、第二試験に向かうナルト達にエールを送った。

火影 ナルト 歴代

『疾風伝』の「カカシ暗部篇」ではその過去が描かれており、第三次忍界大戦の終結後には岩隠れの里との平和条約締結に関する責任をダンゾウから追及されて火影を引退したが、九尾の事件でミナトが死亡したことにより緊急的に自ら火影に復帰した。

3
火影 ナルト 歴代

当初はナルトのことを「落ちこぼれ」と馬鹿にしていたが、敗北してからはナルトを認め、ライバルとして扱うようになった。 目には写輪眼を隠すためのカラーコンタクトを装着しており、さらに左目の傷を隠すためにメイクを行い、声色まで変えていたため、ナルトたちは全く気付けなかった。

12
火影 ナルト 歴代

第一部ではキバの頭に乗れるほどの小柄だったが、第二部では逆にキバが背中に乗れるほどに体が大きく成長した。 しかし、そんな忍しての才能よりも人柄が非常に良く、多くの者から慕われていて、さすが 初代火影といった人間性。

13
火影 ナルト 歴代

得意な忍術は口寄せの術で猿魔を口寄せし、猿魔が棍棒に変化しそれを武器として戦うなど猿魔とのコラボレーション忍術を得意としています。 』 中忍のイルカが大蛇丸に勝てるだろうか?上忍のアスマが大蛇丸に勝てるだろうか? 要はそういうことである。

16
火影 ナルト 歴代

第三次忍界大戦では息子夫婦を木ノ葉のはたけサクモに殺害されており、始めてカカシと出会った時には彼をサクモと見間違えて襲いかかっていた。

19
火影 ナルト 歴代

最終話では、シカマルと共に七代目火影となったナルトの補佐役をしている。 第四次忍界大戦ではイルカと共に雲隠れの孤島・島亀に向かい、戦場に行こうとするナルトを足止めした。

火影 ナルト 歴代

肉親はいないが、幼い頃に知り合った根の先輩であるシンのことは兄同然に慕っていた。 ペイン襲撃時には完成させた螺旋丸によって、ペインの1体の地獄道を倒した。

20