断行 四 字 熟語。 かっこいい四字熟語!座右の銘にも使える厳選113の熟語(意味付)

字 熟語 四 断行

鉄の硯に穴を開けるくらい、学問に励むという意味もあります。 」 一念発起(いちねんほっき) 語源・成り立ち 浄土真宗の宗祖、親鸞の教えに由来します。

20
字 熟語 四 断行

辞書で調べてみると、 《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。 他のことを一切考えずに、一つの事にただひたすらに取り組むこと。

18
字 熟語 四 断行

機略縦横(きりゃくじゅうおう) その時その時に合ったうまい考えややり方を、自由自在に使うこと。 。

字 熟語 四 断行

」というような使い方ができます。

20
字 熟語 四 断行

出典:デジタル大辞泉(小学館) 見栄を張ってその場限りの発言をしたり、ビッグマウスと言われないよう、自分の発言に責任を持って行動すること。

20
字 熟語 四 断行

ひるまず、ためらわず、ひたすら目標や目的を目指して真っ直ぐ進むこと。 」というように、他の人が無分別で軽はずみな行動をとったときに、その行動をいさめ、警告をあたえるときに使用されます。

7
字 熟語 四 断行

(3)白首窮経(はくしゅきゅうけい) 「白首窮経」の正しい意味から見ていきましょう。

10