茶道 イラスト。 茶道 (さどうもしくはちゃどう)とは【ピクシブ百科事典】

イラスト 茶道

武家茶道• 茶碗を右手でとり、出し袱紗に乗せたら、軽く押していただきます。 食べる際には手で食べて構いません。 食籠の蓋を両手でとり、和本を閉じるように左手に持ち替えて蓋をします。

11
イラスト 茶道

(むしゃこうじせんけ) 官休庵 宗旦の二男(先妻の二男)が創設• (さんさいりゅう) 利休七哲の一人の門人、武家茶道• 茶筅通しが始まるころに正客は上座の縁外に仮置きしておいた干菓子盆を両手で真横に持ち、次客とのあいだにある縁外に置いて、「お先に」の意味を込めて一礼します。 尾張徳川の家老家に伝わった今沢流の系譜。

15
イラスト 茶道

うんでんしんどうりゅう• 江戸末期になると、武家の教養として作法が固まっているの茶の湯を嫌い、気軽に楽しめる茶を求める声が町衆から出てきた。 戦後は海外にも茶道は広まり、茶道の大衆化は世界的レベルとなっている。

イラスト 茶道

食べる際には、手ではなく、黒文字(楊枝)で頂きます。

イラスト 茶道

これらの声をくみ上げる形で、江戸時代中期に黄檗宗万福寺の元僧売茶翁()が行っていた煎茶に改めて煎茶の作法を定めたのが煎茶道である。 右手で茶碗の手前をとり、左手で受け、膝を左に回して立ったら左に回ります。 次客以下が濃茶をいただいているあいだ、正客は亭主に銘柄や詰を尋ねましょう。

イラスト 茶道

貞置流(さだおきりゅう) ( 織田有楽の甥信貞の子)以降の有楽流を貞置流とも呼んだ。 『もっと知りたい韓国』第1巻、弘文堂、1997年、68ページ 参考文献 [ ]• 利休流 (りきゅうりゅう) 利休の門人、円乗坊宗円の流れ• 手前 時計回り に2度回したら正面が左横に向くようにし、お茶を飲みます。 自分の正面に茶碗を置き、亭主に向かって 「頂戴いたします」とお辞儀をします。

3
イラスト 茶道

末客はお菓子をとったら、下座の縁外に干菓子盆を仮置きします。 お菓子を取ったあとは、お干菓子と同様、お箸を懐紙で拭いましょう。

8