モンゴメリー クリフト。 名作映画のイケメンたち:アメリカ映画編 (全文) [映画] All About

クリフト モンゴメリー

凄い映画なの。

8
クリフト モンゴメリー

飲酒の上での居眠り運転だったとされている。

8
クリフト モンゴメリー

それがモンティの登場を境に変わってきたのである。

8
クリフト モンゴメリー

『』 1944• あまりメジャーな映画に出ることを好まず、 その甘いマスクの二枚目にも関わらず、 演技派・実力派と呼ばれた俳優です。 10 .彼の死 クリフトは「愛情の花咲く樹」の制作中に交通事故に会い九死に一生を得たが顔面が破壊されたが手術により役者復帰を果たし、その後も何本かの映画に出演した。

15
クリフト モンゴメリー

キャリアに影がさしたのは、久々の映画出演となる『愛情の花咲く樹』(1957年)の撮影期間中、車の事故に遭ってからである。 けれどもセルズニックが死んだら、とたんに人気なくなったの。 ところで、モンゴメリー・クリフトに演らせたかった役がある。

クリフト モンゴメリー

次いでフレッド・ジンネマン監督の「山河遥かなり」( 48 年)と「地上より永遠に」( 53 年)、ハワード・ホークス監督の「赤い河」( 48 年)、エドワード・ドミトリク監督の「愛情の花咲く樹」( 57 年)と「若き獅子たち」( 58 年)、アルフレッド・ヒッチコック監督の「私は告白する」( 53 年)、ジョセフ・L・マンキーウィッツ監督の「去年の夏 突然に」( 59 年)、ジョン・ヒューストン監督の「荒馬と女」( 61 年)、スタンリー・クレーマー監督の「ニュールンベルグ裁判」( 61 年)がある。 最後の映画出演作はラウール・レヴィ監督の『ザ・スパイ』(1966年)。

11