砥部 焼。 窯元情報|砥部焼|特産品|砥部町観光協会

焼 砥部

焼き物に必要な薪も近くの山々で豊富に採れたうえ、傾斜地に流れる渓流や小川はを据えるのに適しており、原料の砥石を砕き陶土にするのに盛んに用いられた。 やがて、昭和40年代の旅行ブーム、やきものブームによって砥部焼を求める消費者が増え、窯元の数も増加しました。 伝統的な絵付けからアンティークのような模様、そして独特の可愛らしいキャラクターなど、様々なデザインが楽しめます。

4
焼 砥部

すこし屋 出典: 「すこし屋」は、松田窯が運営するショップ。 器肌は青みがかった白色で、口縁は厚みのある玉縁(たまぶち)状の全体的にぽってりとしたフォルムに呉須を使い、勢いのある筆さばきで砥部焼の伝統的な文様といわれる「太陽文」、「唐草文」、「なずな文」を描いた染付の器が砥部焼の作品として一般的ですが、その他にも青磁や白磁、色絵など種々あるのもまた砥部焼の伝統と言えるでしょう。

4
焼 砥部

時代とともに砥部焼伝統の文様をあしらった器を制作する窯元は減少し、現在は若手の陶工達による現代的意匠の器が増えています。

1
焼 砥部

江戸時代の半ばまでは現在のような磁器ではなく陶器が作られていました。

12
焼 砥部

砥部焼の多くは手作り成形のため、全国的に見ても決して大産地や有名産地ではないが、独特の風合いが愛好家に評価されている。

7
焼 砥部

五松斎窯 「錦絵獅子牡丹大皿」(明治初期) 「淡黄磁寒山拾得立像」(明治) 椋尾吉備作 砥部焼の名を世界的に有名したのが向井和平(むかいわへい)です。 往時を偲ばせる佐川製陶所の水車小屋 水車小屋内部 山麓を流れる砥部川の支流では、原料の陶石を砕くために水車を利用することができました。

1