チャイナ ボカン シリーズ。 チャイナボカン (ちゃいなぼかん)とは【ピクシブ百科事典】

ボカン シリーズ チャイナ

それによりハル坊がピンチ通信を発してイッパツマンを呼ぶことがばれ、第38話ではそのデータを利用してピンチ通信の傍受に成功している。 その後本体上部の牙や鼻が格納されるなどのプロセスを経て リリーフカーとなり、三冠王を援護する。 これは豪とハルカがサイキックウェーブの波長変更を行ったことで回避できるようになる。

5
ボカン シリーズ チャイナ

ところが、近年はなぜか中国のB級ニュースがとんとつまらなくなった。

11
ボカン シリーズ チャイナ

時間移動時には各部がパズルのピースのようにバラバラに転移していき移動を完了する。 このシリーズが人気あるのか「爆発の友の会」というものも存在している。 風の格好をした「 スーバートンブタ」のバリエーションもあり、OP、EDに登場。

2
ボカン シリーズ チャイナ

を着こなす、スタイル抜群の美女で若くして、オストアンデル北部支社の支社長になったものの、ろくな仕事も与えられず、最低を記録し続ける支社の業績を挽回しようと悪戦苦闘している。 企画 - (タツノコプロ)、岡正()• 一人称は「自分」「俺」で、まれに「私」になることもあり、関西訛りが出る。

ボカン シリーズ チャイナ

緊急時に、イッパツマンを呼ぶためのピンチ通信機を持っている。 製作 -• また、この回でホームベーサーへのエレベーターを発見したことで一時的に豪とイッパツマンの秘密を垣間見ている。

8
ボカン シリーズ チャイナ

キザで高飛車な性格で、クリーン悪トリオを小馬鹿にしており嫌味を言うことが多い。

12
ボカン シリーズ チャイナ

」に訂正された。

ボカン シリーズ チャイナ

スポーツメカ 三冠王の登場に伴い、パワーアップした、クリーン悪トリオの戦闘ロボット。 実は容姿こそ酷似していたものの、豪がサイキックウェーブで操るサイキックロボットであった。

12