æŠąč˛  äŊœæ–‡ã€‚ å…Ĩį¤žåžŒãŽæŠąč˛ īŧ‘

äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

そうすることで、内厚åŧã§ã‚ˆã„å°čąĄã‚’æŽ‹ã›ã‚‹æŠąč˛ ã‚’äŧãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã§ã—ょう。 ここでは、内厚åŧã§čŠąã›ã‚‹æŠąč˛ ãŽäž‹æ–‡ã‚’3つį´šäģ‹ã—ぞす。 前向きâ€ĸ į°ĄæŊ”ãĢã€ã‹ã¤å…ˇäŊ“įš„ãĢį›¸æ‰‹ã¸äŧãˆã‚‹ãšãã“とをäŧãˆã‚‹ã‚šã‚­ãƒĢは、į¤žäŧšäēēとしãĻåŋ…čĻã¨ã•ã‚Œã‚‹ã‚šã‚­ãƒĢãŽã˛ã¨ã¤ã§ã™ã€‚

12
äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

嚴内ãĢč‡Ē分が持ãŖãĻいるナãƒŦッジ全ãĻをチãƒŧãƒ å†…ã§å…ąæœ‰ã™ã‚‹īŧˆãƒžãƒ‹ãƒĨã‚ĸãƒĢをäŊœæˆã™ã‚‹īŧ‰â€ĸ 四字į†ŸčĒž 意å‘ŗ čŗĒ原剛åĨ éŖžã‚Šæ°—がį„ĄãįœŸéĸį›Žã€åŋƒčēĢå…ąãĢåŧˇããŸããžã—い čĄæ˜Žå‰›æ¯… 道į†ãŒã—ãŖかりし、åŧˇãåąˆã—ãĒい 勇įŒ›æžœæ•ĸ 勇ぞしくåŧˇãã€æąē断力がある ä¸č¨€åŽŸčĄŒ į„Ąé§„ãĒã“ã¨ã¯č¨€ã‚ãšéģ™ãŖãĻčĄŒå‹•ã™ã‚‹ 一åŋƒä¸äšą åŋƒã‚’一つãĢ集中する、わきį›Žã‚‚ãĩらずäģ–ãĢäšąã•ã‚ŒãĒい 渊故įŸĨ新 įĩŒé¨“ぎį„Ąã„ã“ã¨ã‚’é€˛ã‚ã‚‹æ™‚ã‚‚ã€éŽåŽģをå­ĻãļことからįŸĨæĩã‚’åž—ã‚‹ å’ŒčĄˇå…ąæ¸ˆ åŋƒã‚’合わせãĻ劊け合う。 ぞずパã‚Ŋã‚ŗãƒŗ、そしãĻペãƒŗや鉛į­†ãĒおį­†č¨˜į”¨å…ˇã¨ãĒるもぎをį”¨æ„ã—、č‡Ē分ぎå…Ĩį¤žåžŒãŽæŠąč˛ ã¯äŊ•ãĒぎかīŧŸč‡Ē分はäģ•äē‹ã‚’通しãĻおんãĒビジョãƒŗを原įžã—たいぎかīŧŸã‚’静かãĢč‡Ē分č‡ĒčēĢãĢ問い、初めはį‰‡č¨€ã§ã‚‚č‰¯ã„ãŽã§å‡ēãĻæĨãŸč¨€č‘‰ã‚’ãƒĄãƒĸしãĻいきぞしょう。 恋äēēぎčĒ•į”Ÿæ—ĨãĢčŋ‘éšŖã§ãŽæ—…čĄŒã‚’ãƒ—ãƒŦã‚ŧãƒŗトするâ€ĸ 最初ぎ挨æ‹ļは遊切ãĢおこãĒい、åĨŊå°čąĄã‚’æŽ‹ã—ãĻおくãĢčļŠã—たことはありぞせん。

äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

ä¸æ’“ä¸åąˆīŧˆãĩとうãĩくつīŧ‰ 意å‘ŗīŧšãŠã‚“ãĒ 困é›ŖãĢあãŖãĻもくじけãĒいこと。 そぎぞぞäŊŋãŖãĻもらãŖãĻもいいですが、おすすめは į´šäģ‹ã—ãŸäž‹ã‚’å‚č€ƒãĢč‡Ēåˆ†ã§æŠąč˛ ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã§ã™ã€‚ æŠąč˛ ã¨į›Žæ¨™ãŽé•ã„ ここでį›Žæ¨™ã¨æŠąč˛ ãŽé•ã„ãĢついãĻごį´šäģ‹ã—ãĻいきぞす。

2
äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

とãĻもåĨŊ感ぎ持ãĻる書き斚で おすすめです。 新たãĒ商品やã‚ĩãƒŧビ゚をäŧį”ģすることかもしれぞせんし、劚įŽ‡ã‚’上げるためぎæĨ­å‹™æ”šå–„かもしれぞせん。 新å…Ĩį¤žå“Ąã‚„į¤žäŧšäēēãŒæŠąč˛ ã‚’čŋ°ãšã‚‹æ™‚ãĢã¯ã€æŠąč˛ ã‹ã‚‰čŋ°ãšã‚‹ãŽã§ã¯ãĒく、č‡Ēåˇąį´šäģ‹ã‚„挨æ‹ļを取りå…ĨれãĻã‹ã‚‰æŠąč˛ ã‚’čŋ°ãšã‚‹åŋ…čĻãŒã‚るといえぞす。

18
äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

しかし、それはåŊ“į„ļぎことです。 「æ—Ĩ々先čŧŠæ–šãŽå‹•ãã‚’ãŋãĻå­Ļãŗ、一æ—Ĩも旊くč‡Ēčĩ°å‡ēæĨるようč‡Ēåˇąį ”é‘ŊãĢåŠĒめぞす」ぎようãĢ、å–ļæĨ­æˆį¸žå…¨åē—1äŊã‚’原įžã™ã‚‹ãŸã‚ãĢおこãĒãŖãĻã„ã“ã†ã¨č€ƒãˆãĻã„ã‚‹č¨ˆį”ģ、æąē意をčŋ°ãšã‚‹ãŽãŒæ­Ŗしいです。 内厚åŧ 内厚åŧã§ãŽæŠąč˛ ãŽäž‹ã¯ã€ãƒ•ãƒŦãƒƒã‚ˇãƒŖãƒŧã‚ēらしくįˆŊやかãĒもぎãĢするといいでしょう。

7
äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

そぎįĩæžœã€æŽˆæĨ­ãŽå†…厚はį†č§ŖできずãĢ寝ãĻばかりいぞした。 こぎį´ æ™´ã‚‰ã—いįĩŒå–ļį†åŋĩãĢæĨじãŦようæ—Ĩ々į˛žé€˛ã—ãĻčĄŒããŸã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚

12
äŊœæ–‡ æŠąč˛ 

ただ、į¤žäŧšäēēãŽæŠąč˛ ã‚’æ›¸ãéš›ãĢæŗ¨æ„ã—たいぎは、åŧ•į”¨ã‚„į´šäģ‹ãŒæ–‡ä¸­ãŽå¤§éƒ¨åˆ†ã‚’占めãĻしぞうと、äŊœæ–‡ãŽã€Œå…Ĩį¤žåžŒãŽæŠąč˛ ã€ã€Œį¤žäŧšäēēãĢãĒるãĢあたãŖãĻãŽæŠąč˛ ã€ã¨ã„ã†ãƒ†ãƒŧマから逸れãĻしぞい、ただぎ偉äēēぎį´šäģ‹æ–‡ã‚„æ–‡å­ĻäŊœå“ãŽæ„Ÿæƒŗ文ãĢãĒりかねぞせん。 あぞりé›Ŗã—ã„č¨€č‘‰ã‚’ äŊŋうåŋ…čĻã‚‚ãĒいぎで、 į´ į›´ãĒæ°—æŒãĄã§ äŊœæ–‡ã‚’書いãĻいãŖãĻくださいねīŧ. ã“ãĄã‚‰ãŽäž‹æ–‡ã¯ã€č‡Ē分がå­Ļį”Ÿæ™‚äģŖでおんãĒことをå­Ļんできたかということを取りå…ĨれãĻいる䞋文とãĒãŖãĻいぞす。

18